Faculty/講師陣

日野"JINO"賢二 / ベース科・校長

幼少期から約30年をNew York で過ごし、音楽と芸術の名門「ラガーディア高校(LaGuardia High School of Music & Art and Performing Arts)」を卒業。10代の頃からプロミュージシャンとして、マーカス・ミラーやジャコ・パストリアスなど数々のビッグネームミュージシャンとセッションを重ねる。2003年に帰国後は、MISIA、AI、Def Techなど数多くのアーティストのライブサポートを行なうほか、アレンジャーやプロデューサーとして、Boyz II Men、西野カナなど数々のレコーディング・ワークスに携わる等、国内トップミュージシャンとして第一線で活躍している。

マサ 小浜 (Masa Kohama) / ギター科 特別講師

2017年 "Fantastic Negrito" のアルバム「The Last Days of Oakland」にギタリストとして全面参加しグラミー賞を獲得。2019年度グラミー賞にも、同"Fantastic Negrito" のアルバム「PLEASE DON'T BE DEAD」でノミネートされている。
1991年ロス アンジェルスへ活動拠点を移し、スティービー・ワンダー、チャカ・カーン、アリ・ウッドソン(テンプテーションズ)、ジェイムス・イングラム、など数々のR&B, soulシンガーやミュージシャン達と共演をかさね、2006年6月に日本に帰国後は、EXILE、加藤ミリヤ、A.I、 BENI、清水翔太、Ms OOJA、マリーン、杏里、山下智久、青山テルマ、JUJU 等とのライブ、レコーディング等、日本のミュージックシーンに不可欠な存在となる。

原田 喧太 (Kenta Harada) / ギター科 特別講師

12歳からギターをはじめ、15歳の時、桑名正博氏のバンドにギタリストで参加。プロとしての活動開始。90年には自身のバンドであるParadise Jamでデビューを飾った。バンド活動を停止した後、94年にシングル「デイズ・オブ・グローリー」でソロ・アーティストとしてデビュー。 その後、吉川晃司、及川光博、松田樹利亜、山下久美子、Kinki Kids、デーモン小暮閣下、Skoop On Somebody、 東儀秀樹、ジョニー吉長、黒夢、江口洋介、Doggie Bag、IZAM、椎名純平、江口洋介、大黒摩季 等々、様々なアーティストのレコーディング、コンサートツアー、ライブに参加。楽曲提供やアレンジ、サウンドプロデュースも手掛ける。京都造形大学の講師、東北芸術工科大学の講師も務めた。

原 ゆうま (Yuma Hara) / ギター科

2014年にBoston の Berklee college of music に入学。 Jeff Lockhart の誘いで老舗ジャズクラブ Wally's Cafeの火曜日レギュラーバンドメンバーに迎え入れられる。様々なクラブでの演奏活動と並行して多数のスタジオワークをこなし渡米中にCDアルバム5枚,アナログレコード2枚に参加。 帰国後,ギターの腕を日本ポップシーンに見出され"さだまさし" ,"DEAN FUJIOKA", "Little Glee Monster"などのツアーに同行。CHEMISTRYのアルバムにも参加。 2018年7月,自身初となるプロデュースアルバム『THE DAYS』をリリース。父はギタリスト原とも也,祖父はシャープス&フラッツリーダー原信夫。

鈴木 明男(Akio Suzuki) / サックス科

1970年、国立音楽大学入学と同に上京。在学中からプロとして、池田良夫,向井茂春BANDでの演奏や森進一のツアーサポートを始める。柳ジョージ&レイニーウッドのメンバーとしても活躍。GLAY、杏里、萩原健一、角松敏生、MISIA、エリック宮城オーケストラ など数多くのアーティストのサポート&バンド主要メンバーとして幅広く活躍する日本Sax界の大御所 Player。2017年にはブルーノート東京でDAVID SANBORN(デイヴィッド・サンボーン) と共演。

アンディ・ウルフ(Andy Wulf) / サックス科

カナダ出身。17歳よりプロとして活動。モントリオールのマギル大学でクラシックの作曲とジャズ演奏の学士号を取得。自身のソロ活動だけでなく、セッションミュージシャン・作曲家としての評価も高い。 海外ではDuke Ellington Orchestra、Manhattan Jazz Orchestra といった名門バンド、そしてメイシー・グレイやテイラー・スウィフトらとも共演。 1990年代に日本に拠点を移してからは、幅広い音楽シーンで活躍している。熱帯JAZZ楽団、ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ、守屋純子オーケストラ、日野皓正、中本マリ、小野リサといったジャズシーンのみならず、Official 髭男dismEXILE ATSUSHI松田聖子清木場俊介、椎名林檎、水樹奈々、森山良子、福山雅治、aikoなどのJ-POPシーンにおいても活躍。またTV・スタジオ収録にも数多く参加している。様々な著名アーティストの下でさらなる飛躍を遂げ、活動の場を広げ続けている。

岸田 容男(YoshiO Kishidta) / ドラム科

京都府出身。JAZZ喫茶を経営していた祖母の 影響で幼少の頃から音楽に慣れ親しむ。高校一年でドラムをはじめ、高校 卒業後、チキンシャックのドラマーだったマービン・ベイカーのローディーになったのをきっかけに、Funk, R&B, SOUL, といったブラック 系の音楽にのめり込む。19才の時に寺内たけ しとブルージーンズのドラマーとして正式にプロ活動を開始。その後、Dream Come TrueAIDA PUMPスガシカオ西野カナ三浦大知、 M.C.A.T他多数アーティストのライブ&レコ ーディングなど、幅広いジャンルで活躍中。 中でもダンス、ヒップホップ系やブラック系 フュージョンの曲で聴かせる、図太いグルー ヴには定評があり、またその華やかでエネルギッシュなソロプレイで観客を魅了する。ジャズ系アーティスト との共演・サポートでも評価が高い。

小田桐 和寛 (Kazuhiro Odagiri) / ドラム科

Drummer /  "カノウプス"海外アーティスト・エンドーサー
'87神奈川県横浜市出身。クラシック音楽一家に生まれ、幼少から姉の受ける音楽教育を横から受ける。両親からピアノ、トロンボーンを習い、12歳から打楽器を始める。その後国立音楽大学演奏科打楽器専攻へ進学。
在学中に国立音楽大学ニュータイドジャズオーケストラでドラムを担当する。2010年の41回公演まで「山野ビッグバンド・ジャズコンテスト」最優秀賞を3年連続で受賞した。大学では渡辺貞夫氏、小曽根真氏、山下洋輔氏に師事。卒業時に、最優秀者に送られる「山下洋輔賞」を受賞し卒業。
その後、小曽根真氏の推薦でバークリー音楽大学に特待生で留学、首席で卒業した。
在学中からBlue Note New YorkやWBGO Jazz 88.3FM、Beantown Jazz Feativalなどで演奏し、卒業後はニューヨークへ拠点を移した。
NYでは黒田卓也やロニー・プラキシコ(B)、寺久保エレナらと共演を重ねる一方、日本では小田桐寛之(Tb.)小田桐恵子(pf)とのトリオでの演奏会や、すぎやまこういち作曲ドラゴンクエストのサウンドトラックレコーディングに参加する等、その活動の幅は広い。
ジャズを基盤にFunk、R&B、キューバ、マダガスカル、インド音楽に携わり、ジャンルの制限を受けない演奏スタイルは各方面から注目を集めている。

荒川 結 (Yui Arakawa) / ドラム科

Percussionist/Composer/Actor/Stage director
東京都渋谷区出身。 ジャンベを主軸とし、コンガ、ボンゴ等のラテン楽器に加え、サンバパーカッションやビリンバウ等のブラジリアンパーカッションを得意とする。
パーカッショニストとして 数多くのライブ、レコーディングに参加。 主な参加アーティストは 平井大CheNell'e、でんぱ組.inc、ナオトインティライミ、etc...
FUJI ROCK FES、SUMMER SONIC、RISING SUN ROCK FES、ROCK IN JAPAN FES、COUNT DOWN JAPAN、JAPAN JAM、等の大型野外フェスにも多数出演。 最近ではBLUE NOTE TOKYOにて日野皓正氏、John Scofield氏と共演。
自身のバンド「Yui&The Mahadhi Bohemians」のリーダーとしても活動中。
また役者としてTVドラマ、舞台、ミュージカルに多数出演。 蜷川幸雄 演出『真田風雲録』では、穴山小助 役として出演し、パーカッションソロも演奏。 現在は”参加型演劇集団 アカンサス"の立ち上げメンバーとして全作品出演し、オリジナル曲の作詞作曲を任されている。

平久 昂 (Koh Tairaku) / トランペット科

トランぺッター
福岡県出身。都築総合学園音楽科を経て国立音楽大学器楽科に入学。 トランペットを、山崎 毅、北村源三、津堅直弘、各師に師事。これまでに、矢沢永吉、福山雅治、KinKi Kids、生沢 AIK 佑一、KONISHIKI、大塚 愛、水森かおり、平尾まさあきband、Coelho & Ridnell etc...等国内外のアーティストをサポートし、なお鬼塚勝也や京本政樹等などと共演しジャンルを問わずに活動。2012年、東京jazz festival出演。

窪田 想士(Soshi Kubota) / 音楽理論・作曲(全生徒対象)

作・編曲家、ヴィブラフォンプレイヤー。 北海道札幌市出身。バークリー音楽大学に奨学金を得て留学。在学中、同大学ジャズ作曲科ショーケースの出演メンバーに選出される。2017年12月バークリー音楽大学ジャズ作曲科をヴィブラフォン専攻として卒業。帰国後は主にアレンジの仕事を行い、「幻想水滸伝」や「UNDERTALE」等のゲーム音楽の公式ジャズアレンジCDなどの編曲を手がける。

近藤 隆久 (Takahisa Kondoh)/ 音楽ビジネス科(全生徒対象)

リットーミュージック 元ベース・マガジン編集長。
現ベース・マガジン・プロデューサー。
国内のプロベーシスト達から、絶大なる信頼を集めている。
▼ベース・マガジン
https://bassmagazine.jp/

江口 丈典 (Takenori Eguchi) / 音楽ビジネス科(全生徒対象)

UPLIFT JAZZ RECORD 代表 (http://ujr.jp/producer/
業界のしがらみやジャンルに囚われない大胆でユニークなイベントの企画/アルバムを制作。近年ベテラン・ジャズ・ミュージシャンからの信頼も厚くレコーディング・プロデュースを重ねる。ジャズ専門誌だけでなく、様々なメディアから若手ジャズ・プロデューサーとして期待され、業界内外からも日本ジャズ・シーンにおけるイノベーターとして期待されている。