日野JINO賢二 / Principal

校長から君たちへ

昔からいろんな国のミュー ジシャンと触れ合っていくなかで、日本の音楽 を彼らが聴いたときに、“ああ、これが日本のサ ウンドなんだね”ってネガティヴな意味で言われ るのが悔しかった。だから、世界から見て、どうや ったら日本の音楽がカッコよくなっていくかを考えてる。音楽はconversation(会話)と同じ。自分の音を聴 いて演奏しているのはまだまだで、 みんなの音を聴きながら演奏しているのが良いプレイヤー。 そんな風なコミュニケーションをどうやってう まくできるようになるのかって考えると、やっ ぱり学ぶことがまずは大切。そして「心からやること」これが一番人間に伝わること。 いくら上手くても速くても関係なく、心から演ってる人は一番尊敬する。  そして一番大事なのは「愛」。 もっともっと大きい考えで、大きいオープンマインド、オープンハートじゃないと、音楽に生き残れない。そういう本物のミュージシャンになって欲し くて、自分が持っているものを若い人たちに教 えようとしているよ。そこが一番みんなに伝えたいこと。

日野"JINO"賢二  Profile

幼少期から約30年をNew York で過ごし、音楽と芸術の名門「ラガーディア高校(LaGuardia High School of Music & Art and Performing Arts)」を卒業。10代の頃からプロミュージシャンとして、マーカス・ミラーやジャコ・パストリアスなどのミュージシャンとセッションを重ねる。2003年帰国後、MISIAやAI、Def Techなど数多くのアーティストのライブサポートや、アレンジャーやプロデューサーとしてBoyz II Men、西野カナなど数々のレコーディング・ワークスなど、第一線で活躍している。

Kenji "JINO" Hino | Why we play
by Fender Music Japan

Richard Bona on Kenji "JINO" Hino's
Tv show Midnight Jam EX

日野“JINO”賢二×ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)